■配電部門■インフラ企業と技術を競い交流!「ドローン技能交流会」に参加!!

■配電部門■インフラ企業と技術を競い交流!「ドローン技能交流会」に参加!!

 2023年9月、山形県内で開催されたNTT東日本ー東北主催の「ドローン技能交流会」に参加しました。

「ドローン技能交流会」の概要

 9月5日、NTT東日本ー東北が主催する「ドローン技能交流会」が開催され、東北電力ネットワーク配電部門、NTT関係各社、JR東日本から合計11チームが参加しました。この交流会はドローンを通じて会社間を超えた交流を深めるとともに、操縦スキルを維持向上することを目的に初めての取り組みとして開催されました。
 競技は、ターゲットとなる4個のバケツそれぞれに記載されたアルファベットを順に撮影し、撮影画像の正確性とすべてのターゲットの撮影から着陸までの飛行時間を競うものです。東北電力ネットワークにおいては、交流会前日に各支社のパイロットと補助者が集結し、7チームによる白熱した予選会を繰り広げました。技量均衡の中、秋田・宮城・新潟支社の3チームが東北電力ネットワーク配電部門を代表して本番に出場。各社から参加した11チーム中、新潟支社チームが第2位に入賞しました。
 競技以外にも展示ブースが設けられ、各インフラ企業のドローンの活用方法などが展示されました。

参加者の声

<新潟支社チーム 村上電力センター 坂井 雄亮 さん>

 交流会に参加したことで、社内のドローン活用状況や他社の機体、技能を間近で見ることができ大変有意義でした。近年自然災害が激甚化するなかで、ドローンが活躍する機会も増えていくことから、来るべき災害に備え操作レベルの維持とさらなる技術向上に励んでいきます。

<新潟支社チーム 村上電力センター 石川 智也 さん>

 今回の交流会で、ドローンの操作技能向上に繋げることができました。また、社内外パイロットの操縦方法や運転レベル、現場での活用実態を共有でき知識も深めることができました。レジリエンス強化の観点から、被害設備の早期復旧につなげるツールとして、今後もドローンの操作技能向上と維持に努めていきます。

競技の様子 イメージ1

競技の様子

開会式の様子 イメージ1

開会式の様子

バケツに記載されたアルファベットをドローンで撮影 イメージ1

バケツに記載されたアルファベットをドローンで撮影

タグから探す