託送供給等の概要および託送供給等約款等のご案内

託送供給等のご案内

受電側接続検討の申込みについて

託送供給等のご利用にあたり、当社供給区域内にある発電者の電気設備を当社の供給設備に系統連系する方法等について、あらかじめ技術的な検討(受電側接続検討)を行ないます。
受電側接続検討では、系統連系の条件や工事費負担金の概算額等について、当社から検討の申込者に対し回答いたします。

受電側接続検討の申込方法

当社所定の受電側接続検討申込書に必要事項を記入いただき、検討に必要な資料を添付のうえ、当社ネットワークサービスセンターまでお申込みをしていただきます。

受電側接続検討の内容

発電設備を連系するために必要なアクセス送電設備または配電設備建設のほか、保護装置、計量装置、通信装置および短絡容量等を検討したうえで、連系するために必要な工事内容、工期、工事費および条件等を提示させていただきます。
なお、受電側接続検討の段階では、需要場所に関する資料の提出は必要ありません。受電側接続検討が終了し、当社からの検討結果をご承認のうえ、契約申込みをいただいた段階で検討させていただきます。

受電側接続検討期間

当社は、受電側接続検討の申込みをいただいたのち、原則として3月以内に検討結果をお知らせいたします。

検討料

受電側接続検討にあたり、受電地点が会社間連系点である場合や受電側接続検討を生じない場合を除き、原則として、1受電地点1検討につき20万円および消費税等相当額を検討料として申し受けます。
なお、検討にあたり、とくに多額の費用を要する場合等は、検討に要した実費を検討料として申し受けます。