感電事故防止のために

クレーン船航行時の注意

クレーン船航行時の注意
クレーン船が航行するときは上空の送電線にご注意ください。

クレーン船などで河川や湾内を航行する際は、周囲の電線に十分注意してください。クレーン船のブームなどが電線に近づき過ぎたり触れたりすると、生命にかかわる重大な感電事故を引き起こす危険性があります。また、停電により一般家庭をはじめ、病院、工場、銀行、鉄道、ビル、上下水道および交通信号などの機能がマヒし、二次的な災害を引き起こす場合があります。電線との間に必ず安全距離を確保する必要がありますので、電線の近くで航行する際は、事前にネットワークコールセンターへご連絡ください。

安全距離
  電圧 安全距離
配電線 6,600V 2m 以上
送電線 33,000V 3m 以上
66,000V 4m 以上
154,000V 5m 以上
275,000V 7m 以上
500,000V 11m 以上

※送電線には防護管は取付けることは出来ません。

各県の送電線注意箇所PDFファイル資料

クレーン船の安全な航行のために再度、送電線の横断箇所のご確認をお願いいたします。

各県の送電線注意箇所PDFファイル資料

配電線や送電線についてのお問い合わせは ネットワークコールセンター【停電・緊急時のお問い合わせ】へ