再生可能エネルギーの固定価格買取期間満了の取扱い(離島系統のお客さま)

再生可能エネルギーの固定価格買取制度にもとづく買取期間は、ご契約内容に応じて、2019年11月以降、順次満了となります。
買取期間満了後の電気の活用方法については、資源エネルギー庁のホームページ「どうする?ソーラー」にて紹介されています。

1. 買取期間満了のお知らせについて

買取期間が満了するお客さまには、その6か月から4か月前に、郵送により「再生可能エネルギーの固定価格買取期間満了に関するお知らせ」をお届けします。

2. 買取期間満了後のお手続きについて

  1. 当社(一般送配電事業者)以外へ売電をご希望される場合
    買電を希望する小売電気事業者さまに直接ご相談ください。
  2. 引き続き当社(一般送配電事業者)への売電をご希望される場合
    買取期間満了後は、現在のご契約にもとづき、新しい単価での買取を継続するため、当社(一般送配電事業者)へのお申込み等のお手続きは不要です。
    買取条件は、「3.当社への売電を希望される場合のご契約条件」をご覧ください。

3. 当社への売電を希望される場合のご契約条件

当社への売電を希望される場合の新しい買取単価等、買取条件は以下のとおりです。

※その他、買取条件等につきましては、当社の「再生可能エネルギー発電設備からの電力受給契約要綱(こちら)」をご確認ください。

4. 買取期間満了に関するQA

東北電力管内における離島とはどこか。

当社管内においては、山形県飛島、新潟県佐渡島および粟島をいいます。

売電開始から10年(もしくは20年)経過していないのに、買取期間満了のお知らせが届いた。

買取期間は、お客さまが売電を開始した日ではなく、発電設備が売電を開始した日が起算日となります。
たとえば、お引越し先に設置されていた太陽光発電設備の場合は、前にお住まいの方が売電していた期間も買取期間に含まれますので、お客さまの売電開始から10年経過していない場合でも、買取期間が満了することがあります。

買取期間満了を機に新しい太陽光パネルに更新し、再度、固定価格買取制度を利用することは可能か。

資源エネルギー庁のホームページでは、「一度、固定価格買取制度で支援を受けた方は、同じ場所で太陽光発電設備を更新したとしても、再度支援を受けることはできません。」とされております。