プレスリリース

2020年 4月13日五所川原電力センターおよび深浦サービスセンターにおける消毒作業の完了ならびに事務所等の一部利用の開始について

 東北電力ネットワーク株式会社は、従業員の新型コロナウイルス感染症への感染判明を受けて4月8日より閉鎖していた、五所川原電力センターおよび深浦サービスセンターについて、消毒作業が完了したことから、電力の安定供給の維持を目的に、本日より事務所等(車両を含む)の一部の利用を開始いたしました。

 本日以降、五所川原電力センター(深浦サービスセンターを含む)の業務を代行している青森支社および他の電力センターの従業員が、配電線の保守管理業務等の拠点として、事務所等の一部を利用いたします。利用にあたっては、執務室内を定期的に換気するとともに、従業員はマスクを着用し、出社前と帰宅後には検温を行う等、感染予防・拡大防止対策も併せて実施いたします。

  なお、五所川原電力センター(深浦サービスセンター含む)の全従業員の居住個所における待機は当面継続し、引き続き、青森支社および他の電力センターが五所川原電力センター(深浦サービスセンターを含む)の配電線の保守管理業務等を代行いたします。

  東北電力ネットワーク株式会社従業員の新型コロナウイルス感染症への感染により、地域の皆さまに大変なご心配とご迷惑をお掛けいたしましたことについて、お詫び申し上げます。東北電力株式会社および東北電力ネットワーク株式会社といたしましては、関係機関とも連携を図りながら、引き続き感染拡大の防止に努めてまいります。

 消毒作業、事務所等の一部利用の開始の概要、および消毒作業の様子は、別紙のとおりです。

以 上



「プレスリリース本文のPDFファイルはこちら」

プレスリリース発表年