プレスリリース

2020年 6月29日「日本版コネクト&マネージ」を実現する制御システムの開発について~NEDO公募事業に採択~

  当社は、国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が公募した「再生可能エネルギーの大量導入に向けた次世代電力ネットワーク安定化技術開発/研究開発項目①-1日本版コネクト&マネージを実現する制御システムの開発」に応募し、このたび、採択を受けました。

 再生可能エネルギー発電設備(以下、再エネ)の連系量は年々増加しており、送電線など電力系統(以下、系統)の空容量不足が生じております。
 電源を新たに系統に接続しようとする場合に空容量がなければ、系統を増強する必要がありますが、系統の増強には多額の費用と時間を要するため、再エネの導入拡大にあたっては、既存の系統を有効に活用していくことが重要となります。

 本事業は、再エネの更なる増加に対し、既存系統を最大限に活用し、一定の制約条件の下で系統への接続を認める「ノンファーム型接続」のためのシステム開発が目的であり、当社を含めた12者が共同で行います。事業期間は、2020年7月1日から2024年2月を予定しております。

 当社は、本事業において、「ノンファーム型接続に関する制御システムの開発」「再エネの発電量や電力需要の予測精度の検討」などを行い、ノンファーム型接続を効果的に実施するためのシステムを開発し、実用化を目指します。

 当社といたしましては、本事業を通じて、電力の安定供給と再エネの導入拡大の両立に取り組んでまいります。

 本事業の概要については、別紙のとおりです。

※日本版コネクト&マネージの取り組みのうちの1つ。系統への接続に関して、空容量がない系統でも、系統混雑時には当該電源を抑制する条件で新規電源の接続を受付する仕組み。



「プレスリリース本文のPDFファイルはこちら」

プレスリリース発表年