プレスリリース

2020年12月21日両津火力発電所1号機および3号機の廃止について

 当社は、両津火力発電所(新潟県佐渡市)の1号機および3号機について、本日(2020年12月21日)をもって廃止いたしました。


 両津火力発電所1号機および3号機は、運転を開始して以来約50年にわたり、佐渡島内の電力の安定供給に貢献してきましたが、設備の経年化が進んでおり、佐渡島全体の供給力の見通しなども含め総合的に評価した結果、廃止することとしたものです。
(2020年度供給計画(離島電源計画)として、東北電力株式会社より2020年3月26日にお知らせ済み


 両津火力発電所は、1号機および3号機の廃止後も、全6台の発電機で運転を継続いたします。


 当社といたしましては、引き続き、設備の安定運転に努め、佐渡島内の電力の安定供給に貢献してまいります。


<両津火力発電所の概要>
○所在地:新潟県佐渡市羽吉

号機

出力(kW)

燃料

運転開始

運転状況

1号機

3,000

重油

2009年

今回廃止

3号機

5,000

1970年

4号機

5,000

重油

1972年

今後も運転を継続

5号機

7,500

1974年

6号機

7,500

1975年

7号機

7,500

1978年

8号機

7,500

1981年

9号機

10,000

1988年

※1号機は、1966年に運転を開始後、2009年に内燃機関および発電機を取り替え
※2号機は、2012年に廃止済み


以 上


「プレスリリース本文のPDFファイルはこちら」

プレスリリース発表年