プレスリリース

2020年 8月28日電力需給状況改善のための融通電力の受電および本日(8月28日)の電力需給見通しについて

本日、当社エリアにおける電力需給状況を改善するために、電力広域的運営推進機関に電力融通を依頼し、16時から17時30分の間、東京電力パワーグリッド株式会社から最大40万kWを受電するよう指示を受けました。

これは、高気温による需要増加、および太陽光発電の出力見込みが想定より下回ったことなどによるものです。

東京電力パワーグリッド株式会社からの受電により使用率は97%となります。

17時30分以降については、需要の減少によって、他社からの融通を受けずに、使用率は減少すると見込んでおりますが、今後、想定と異なる状況が発生した場合には、改めてお知らせします。

当社といたしましては、引き続き電力の安全・安定供給に努めてまいります。

【参考】
  電力需給状況改善のための融通受電後の当社エリアにおける電力需給想定

 

8月28日

使用率ピーク断面(エリア需要)

(16時~17時)

1,360万kW

当社エリアの供給力(融通後)

1,402万kW

当社エリアの使用率(予備率)

97%(3.1%)



「プレスリリース本文のPDFファイルはこちら」

プレスリリース発表年