プレスリリース

2021年 3月19日卸電力市場価格の急激な高騰を踏まえたインバランス料金および再生可能エネルギー電気卸供給料金の特別措置について

 当社は、経済産業省から、この冬の厳しい寒さと天候不順等による電力需給のひっ迫に起因する卸電力市場価格の高騰を踏まえ、接続供給に係るインバランス料金※1および再生可能エネルギー電気卸供給料金※2 を最大5カ月間(後者は4カ月間)にわたり均等に分割して支払いすることが可能となる手続きを実施するよう要請を受け、特別措置を講じております。

(2021年2月12日お知らせ済み)

 こうした中、当社は、3月18日に経済産業省から、前回の要請内容への追加対応として、インバランス料金および再生可能エネルギー電気卸供給料金の分割回数を最大9カ月間までとする手続きを実施するよう要請を受けました。
 本要請を踏まえ、本日、「託送供給等約款以外の供給条件」および「再生可能エネルギー電気卸供給約款以外の供給条件」を経済産業大臣に申請し、認可、承認を受けました。
 前回の特別措置からの変更点は別紙のとおりです。

以上

※1 発電・小売電気事業者等が電力広域的運営推進機関へ提出した日々の発電・需要計画等に対する発電・需要実績等の差分をインバランスといいます。需給の一致を図る観点から、インバランスについては、一般送配電事業者が補給等を行っており、当該補給等に係る精算にインバランス等料金単価を用いています。
※2 一般送配電事業者が買い取った再生可能エネルギー電気は、卸電力取引市場を経由して小売電気事業者へ引き渡すほか、希望する小売電気事業者などに対して卸供給を行っており、この卸供給を「再生可能エネルギー電気卸供給」といいます。再生可能エネルギー電気卸供給にかかる精算額を「再生可能エネルギー電気卸供給料金」といい、その精算方法については「再生可能エネルギー電気卸供給約款」で定められています。


「プレスリリース本文のPDFファイルはこちら」

プレスリリース発表年