東北電力ネットワーク2023年度-2027年度事業計画

PDFファイル資料

当社は、2023年4月から導入される新たな託送料金制度(レベニューキャップ制度)に向けて、経済産業省からの要請に基づき、2022年7月25日、当社の送配電事業における2023年度から2027年度の5年間の取り組み内容等をとりまとめた「事業計画」、および当該期間の託送供給等に係る「収入の見通し」を、経済産業省に提出しております。

本ページでは、この際に提出した「事業計画」の全体版および概要版を掲載しております。
なお、「事業計画」および「収入の見通し」は、今後国の審査を経た後、経済産業大臣の承認を受けて決定されます。