公平性確保に係る宣言

公平性確保に係る宣言に至る経緯

  • 2023年1月、本来、非公開として取扱うべきお客さま情報について、東北電力株式会社の従業員が閲覧可能となっていた事案が判明し、電力・ガス取引監視等委員会(以下、「監視等委員会」)および個人情報保護委員会から報告徴収を受領しました。【2023年1月13日プレス(341KB)
  • その後も経済産業省資源エネルギー庁が保有するシステムについて、東北電力株式会社の従業員が、当社に配布されたIDおよびパスワードによりシステムを利用した不適切な事案が判明したこと等を受け、2023年4月に「監視等委員会」から業務改善勧告、資源エネルギー庁より指導文書を受領し、同年5月、それぞれの監督官庁に対して再発防止策等の業務改善計画を報告しました。【2023年5月12日プレス
  • 一連の不適切事案については、お客さま情報の漏えいにつながる他、小売電気事業者間の公平な競争を揺るがしかねない事態を発生させたものであり、深くお詫び申し上げます。
  • 私たちは、全てのお客さまに公平な条件で電気をお届けし、地域から信頼される質の高い業務を行っていくことを使命としております。
  • そのため、二度とこのような事案を発生させないよう、再発防止策を確実に実践するとともに、法令等の遵守すべき事をしっかり自覚し、誠実な行動に努めていきます。
  • そして、社員全員が「公平性確保に係る宣言」を胸に業務を遂行し、電気を利用する全てのお客さまに信頼される企業を目指してまいります。

宣言に戻る