太陽光発電の余剰電力買取制度

太陽光発電の余剰電力買取制度

「太陽光発電の余剰電力買取制度」は、国民全員参加による低炭素社会の実現を目的としており、電力会社は、太陽光発電で作られた電気のうち、使いきれずに余った電気(余剰となる電気)を購入し、買い取りに要した費用は、電気をお使いのみなさまに「太陽光発電促進付加金」として、電気の使用量に応じてご負担いただいております。

※平成24年7月1日から「再生可能エネルギー固定価格買取制度」に、制度移行(平成24年7月までは「太陽光発電の余剰電力買取制度」による買取となっております。)されましたので、詳しくはこちらをご覧ください。なお、「太陽光発電の余剰電力買取制度」による買取費用は、「太陽光発電促進付加金」として平成26年9月までご負担いただくこととなっております。

太陽光発電の余剰電力買取制度

関連情報

余剰電力の購入について

太陽光発電からの余剰電力購入に関する詳細については、以下をご覧ください。

購入単価について

※消費税法および地方消費税法の改正により、消費税が引き上げられておりますが、太陽光発電の余剰電力買取制度のもとで、平成24年6月以前から買取りを開始されているお客さまの買取料金に変更はありません。