ブレーカー操作ガイド

ブレーカーは安心して電気を使うための安全装置です。電気回路に何らかの異常が起きたときに、その回路に流れる電気を自動的に遮断。この現象を「ブレーカーが落ちる」といいます。電気の使いすぎや感電・火災などの事故を未然にぐブレーカーには大きく分けて3つの種類があります。

操作ガイドAアンペアブレーカーが切れている場合

[原因]一度に電気を使いすぎたため。


①使用していた電気製品のプラグをコンセントから外す。
②アンペアブレーカーのつまみを「切」→「入」にしてください。

アンペアブレーカーが切れている場合のイラスト

操作ガイドB安全ブレーカーが
切れている場合

[原因]一つの部屋または回線で電気を使いすぎたため。


①電気が消えた部屋で使用していた電気製品のプラグをコンセントから外す。
②安全ブレーカーのつまみを「切」→「入」にしてください。

安全ブレーカーが切れている場合のイラスト

操作ガイドC漏電ブレーカーが
切れている場合
(漏電ブレーカーが動作した場合)

[原因]漏電や電気の使いすぎ、雷によるショックなど。


漏電ブレーカーが切れている場合のイラスト1

①アンペアブレーカーのつまみが「入」になっていることをご確認ください。
②安全ブレーカーのつまみをすべて「切」にしてください。

漏電ブレーカーが切れている場合のイラスト2

③漏電ブレーカーのつまみを「入」にした後、安全ブレーカーのつまみを一つずつ「入」にしてください。

漏電ブレーカーが切れている場合のイラスト3

④安全ブレーカーを「入」にした時に漏電ブレーカーが切れた場合、その回線に漏電の可能性があります。

漏電ブレーカーが切れている場合のイラスト4

⑤すべての安全ブレーカーを「切」にし、再び漏電ブレーカーのつまみを「入」にしてください。

漏電ブレーカーが切れている場合のイラスト5

⑥問題のある回路以外の安全ブレーカーを「入」にしてください。

漏電ブレーカーが切れている場合のイラスト6
問題のある回路を発見した方
ブレーカーの操作がうまくできなかった方は
ネットワークコールセンターにご連絡ください。

アンペアブレーカーも漏電ブレーカーも「入」になっているが電気がつかない場合や何度やってもブレーカーが落ちる場合は「でんきのSOS」をご利用ください。電話でわかりやすくご案内します。状況によっては、現地に迅速にかけつけて応急処置を行います。


ネットワークコールセンター
0120-175-366
[年中無休24時間受付]

チャットでの
お問い合わせはこちら

まずは動画からチェック!トラブル解決早わかりムービー「でんきのSOS」ってどんなサービス?自分で停電を復旧させる方法はないの?そんな疑問に“ドラマ&解説”仕立ての動画でわかりやすくお答えします。